冬の暖房、ファンヒーターに要注意

冬の主役、石油ファンヒーター

hiter

 

各家庭で暖房と言えば、エアコンやファンヒーターなどがあがってくると思います。

 

その中でもやはり一番使われているのは「石油ファンヒーター」。

 

確かに短時間で一気に暖まる手が離せないアイテムです。

 

最近は原油価格の下落から、灯油も以前よりは安くなりました。

 

どうしても灯油代金には敏感になりますが、この石油ファンヒーターも使い方次第で大変なことになるので、注意が必要です。


今月のうちの電気代・・・

今月請求の電気代の明細が届いていた。

 

我が家の電気代は、普段は7~8000円程度の水準だ。

 

しかし、その伝票を一目見た瞬間相当なショックを受けた。

 

なんと12000円を超えていたのだ!

 

私の中のサイレンがけたたましくなり始め、またたくまに一大事となってしまいました。

 

でも何も無駄な使い方をしてないのになぜ、電気代がこんなに上がるんだ?

 

くまなく考え回った挙句、一つの結論にたどり着きました。

 

それは、愛用している石油ファンヒーターの仕業だったのです。

 

石油ファンヒーターの選び方

我が家で使っている石油ファンヒーターは「ダイニチ」のブルーヒーター。

 

ホームセンターでは一番メジャーなブランドで、多くのご家庭でも使用されていると思います。

 

ところが、このブルーヒーターが大きな間違いだったのです。

 

ダイニチはコロナ、トヨトミと並ぶ石油ファンヒーターの3大メーカーです。

 

ところが、ダイニチの大きな弱点は燃焼消費電力が他者とく比べても特別大きいのです。

 

以下は15畳クラスの石油ファンヒーターメーカー別の最大燃焼時の消費電力比較です。

 

ダイニチ コロナ トヨトミ
195W 27W 21W

 

圧倒的にダイニチ製が大きな電力を使用していることが分かります。

 

6~7倍もダイニチの電力が大きいのです。

 

これは1シーズンあたりで換算すると1台あたり、5000円~1万円の電気代が違ってくるということになります。

 

10年も使うとすぐに10万円も差が出るわけです。

 

このように、我が家は石油ファンヒーターでは完全に失敗してしまったわけです。

 

今のが壊れたら次はコロナか、トヨトミにしよう、と決意はしましたが、そういう場合に限ってなかなか壊れないんですよね。

 

我が家では現在3台の石油ファンヒーターが稼働中ですが、どれもみな元気に毎日働いています。

 

くれぐれもファンヒーターはダイニチ製を選ばないようお気を付けください。

関連ページ

電気代は容量に着目
日々の生活の中でありえないけちな節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
子機が節約のポイント
日々の生活の中でありえないけちな節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
電気5Aの節約は実行可能か?
日々の生活の中でありえないけちな節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
暖房の節約方法
寒い日の暖房はこれを使って節約しましょう。この方法はお薦めです。
便座はカバーが一番です-節約速報中
便座カバーを使った節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
平成26年度分売電価格37円の太陽光発電の申請は1月末受付終了
今流行の太陽光発電は果たして節約になり儲かるのか、現在商談中の状況よりその内容を検証します。
我が家にも太陽光発電が決定!
来年度から制度が大幅に見直しされる可能性がある太陽光発電。でも今ならまだまだお得です。節約との相乗効果も狙い我が家も太陽光発電の設置を決めました。

節約実践中管理者プロフィール 節約に挫折しそうになったら 節約に関するお問い合わせ