電気代は容量に着目

電気代は容量に着目

日常の生活の中で欠かせないものの一つに電気があります。
しかし、原発の影響や燃料費の高騰で、電気代は年々上がり続けています。
では、どうすれば電気代が節約できるのでしょうか?
勿論日常の中でまめにスイッチを入れたり切ったりの習慣は大切です。
総合的な電力量が減ったところで併せてやっておきたいのが、契約アンペアです。
うちの場合はもともと50アンペア契約でしたが、電気使用の節約を心掛けてからは総合的な電気使用量が減りましたので、
40アンペアの契約に変更しました。
この関係で電気の基本料金だけで280円/月削減に成功しました。
しかし注意しなければならないのはアンペア数が少ない契約でたくさんの電気を使用するとかえって割高になる点です。
従ってまずは家の中の無駄な電気を使わない努力、その次に契約アンペア数が適正かどうか確認するようにしましょう。
こうすることで、年間万単位での電気代の節約に繋がります。
お手元に電気料金明細表を準備して、以下のサイトよりご家庭の最適な電気料金を計算してみましょう。
https://www2.kakeibo.tepco.co.jp/ratesim/

関連ページ

子機が節約のポイント
日々の生活の中でありえないけちな節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
電気5Aの節約は実行可能か?
日々の生活の中でありえないけちな節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
暖房の節約方法
寒い日の暖房はこれを使って節約しましょう。この方法はお薦めです。
便座はカバーが一番です-節約速報中
便座カバーを使った節約速報をお届けします。ほぼ毎日新しいけちな節約情報を速報中です。
冬の暖房、ファンヒーターに要注意
暖房を使って節約したい方に必見。冬は暖房のおかげで光熱費が一気に跳ね上がります。知ってて損はない情報をお届けいたします。
平成26年度分売電価格37円の太陽光発電の申請は1月末受付終了
今流行の太陽光発電は果たして節約になり儲かるのか、現在商談中の状況よりその内容を検証します。
我が家にも太陽光発電が決定!
来年度から制度が大幅に見直しされる可能性がある太陽光発電。でも今ならまだまだお得です。節約との相乗効果も狙い我が家も太陽光発電の設置を決めました。

節約実践中管理者プロフィール 節約に挫折しそうになったら 節約に関するお問い合わせ